読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言葉にもうすこし責任を持とうよ

 良識の府と呼ばれる参議院。そのいわゆる上院の先生の発言が話題になっている。例のオバマ大統領についての発言だ。発言自体、もうバカバカしいくらいなのでここでいちいち引用しない。差別的とか無知以前に人としてもうどうかしている。知性のかけらもない。こんな人が参議院にいること自体、日本の政治家はおかしい。

 いま安部チルドレンと呼んでいいのか、先の選挙で新たに議員になれた代議士が100名近くいるらしいが、そのうちどれくらいが政治家としてふさわしい資質を持っているのか疑問に思う。盛んに意見が交わされる国会議員の定数、本当に見直したほうがいいんじゃないの?

 いやあ、本当にこの程度の議員を担いでいるこの国民の一人として、アメリカの差別的発言を繰り返している大統領候補のことを笑えない。

 国民のひとりとして恥ずかしいです。