読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

五輪サッカー批評

 サッカー五輪代表、初戦落としましたね。試合を途中まで見たけど、あまりにも凡ミスともいえるパスミスが多い。これではこのような大会に出てきているどの相手に対しても勝てない。初戦で緊張して硬くなったとか理由はあるかもだけど、それならそこからつまりメンタルからトレーニングしなおした方がいい。

 試合を見ていて、純粋に個人の力量差をものすごく感じた。技術的には日本はかなり上のレベルにいると考えていたのに実はそうではなかったのか。相手に対するリスペクトか?

 一対一というとどちらかというと守備面での話になりがちだが、攻撃面での一対一でどこまでドリブルで突破できるかという面では日本は劣っているのかもしれない。

 結果として4点取れたのは相手のコンディションの悪さといってもいいんじゃないか。でも5点取られるのは明らかに日本の力不足。中盤でのパスミスからの失点ばかり。これならゲーム始めから守備をがっつり固めてロングボールで試合を進めたほうが良かったんじゃないかなんて極端なことを考えてしまう。

 誰が言い始めたかわからないが、自分たちのサッカー、日本のサッカーという言葉がある。いつの間にかFCバルセロナのスピーディでパスの繋がる全員攻撃サッカーがその目標のようになっているが、ちょっと違うんじゃないかと。技術、スピード、パワー的に劣っている選手たちでそれは理想が高すぎやしないか。少なくともスペインリーグのビッグクラブのレギュラークラスに日本人が3人以上在籍するくらいでないとそこは目指せないでしょ。

 自分たちのサッカーをやって相手に勝てるほど、世界は甘くない。

 南アフリカでベスト16に入った岡ちゃんの時の代表は守備的だったけど、おかげであそこまで行けた。しかし評論家の批評は厳しく、先祖返りした旧態依然としたサッカーと批判された。

 ぼくはね、もう五輪代表もフル代表のどちらも新聞のスポーツ欄の勝敗表に一喜一憂するくらい応援している阪神をも凌駕するファン。こういう人には手段はどうでもいい。目的こそが大事。つまり勝ってくれればどんな勝ち方でもいいんだ。

 決勝トーナメントに行ける可能性はかなり薄いけど、残り2試合勝って欲しいな。

 それにしてもディフェンス、浮き足立ってたね。もっと落ち着いていこう!